PR

旅行に役立つ豆知識:パスポートの有効期限

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

旅行に役立つ豆知識

海外旅行に行くときに、パスポートの有効期限を確認することは必須です。パスポートの有効期限が切れていると、出国できないだけでなく、入国もできない場合があります。特に、日本のパスポートは、世界で最もパスポート力が高いと言われていますが、その分、厳しい条件があります。この記事では、パスポートの有効期限に関する豆知識や注意点を紹介します。

c9c1f62e-71b9-491c-9e75-1cf555ffc096-1-1024x576 旅行に役立つ豆知識:パスポートの有効期限

パスポートの有効期限とは?

パスポートの有効期限とは、パスポートの表紙に記載されている日付のことです。この日付までに、パスポートを更新する必要があります。パスポートの有効期限は、発行日から10年間(20歳未満の場合は5年間)です。パスポートの有効期限が切れた場合は、新しいパスポートを申請する必要があります。

パスポートの有効期限と入国審査

パスポートの有効期限が切れていると、出国できないだけでなく、入国もできない場合があります。これは、各国が設定しているパスポートの有効期限の要件によるものです。パスポートの有効期限の要件は、国によって異なりますが、一般的には、以下のようなものがあります。

  • 帰国日から6ヶ月以上残っていること
  • 帰国日から3ヶ月以上残っていること
  • 入国日から6ヶ月以上残っていること
  • 入国日から3ヶ月以上残っていること
  • 入国日と同じ日付であること

例えば、アメリカやカナダなどの国では、パスポートの有効期限が帰国日から6ヶ月以上残っていないと、入国できません。ヨーロッパのシェンゲン協定加盟国では、帰国日から3ヶ月以上残っていないと、入国できません。また、中国やインドなどの国では、入国日から6ヶ月以上残っていないと、入国できません。このように、パスポートの有効期限の要件は、国によって異なるので、旅行前に必ず確認するようにしましょう。

パスポートの有効期限とコスパ

パスポートの有効期限が切れそうな場合は、早めに更新することをおすすめします。なぜなら、パスポートの更新料金は、有効期限が切れる前と後では、異なるからです。パスポートの更新料金は、以下のようになっています。

  • 有効期限が切れる前の場合:16,000円(10年間有効の場合)
  • 有効期限が切れた後の場合:22,000円(10年間有効の場合)

つまり、有効期限が切れた後に更新すると、6,000円も余分にかかってしまいます。これは、旅行に使えるお金です。コスパよく旅行に行きたいなら、パスポートの有効期限には注意しましょう。

まとめ

パスポートの有効期限は、海外旅行に行くときに必ず確認することです。パスポートの有効期限が切れていると、出国できないだけでなく、入国もできない場合があります。また、パスポートの有効期限が切れそうな場合は、早めに更新することで、更新料金を節約できます。パスポートの有効期限に関する豆知識や注意点を覚えておいて、コスパよく旅行に行きましょう。

コメント