ドライブには、どんなスナックを持って行きますか?コスパ旅行のおともになるお菓子の選び方

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

旅行の楽しみ方

今、どのスナックを食べますか ?

380d40a4-448f-4d6d-88f4-0281b3da0ea8-1-1024x576 ドライブには、どんなスナックを持って行きますか?コスパ旅行のおともになるお菓子の選び方

こんにちは、おでかけの流儀のライター、あきらです。今回は、ドライブには、どんなスナックを持って行きますか?というテーマでお送りします。

ドライブといえば、景色を楽しみながら、音楽を聴いたり、会話をしたり、自由な時間を過ごせるのが魅力ですよね。でも、長時間の運転は疲れるもの。そんなときには、ドライブ中に食べるお菓子が欠かせません。

ドライブスナックは、気分転換やエネルギー補給にもなりますが、選び方によっては体調や運転に影響を与えることもあります。そこで、ドライブにおすすめのスナックや、避けた方がいいスナックについて、歴史やトレンド、自分の経験や意見を交えて紹介していきたいと思います。

ドライブスナックの歴史

ドライブスナックというと、ポテトチップスやチョコレート、グミなどが定番ですが、これらのお菓子はいつからドライブのおともになったのでしょうか?

ポテトチップスは、1920年代にアメリカで発明されたと言われています。当時は高級なお菓子で、レストランやホテルで提供されていました。1950年代になると、自動車の普及とともに、ドライブインやガソリンスタンドで売られるようになり、ドライブのお供として人気を集めました[^1^][1]。

チョコレートは、古くからヨーロッパで愛されていたお菓子ですが、日本では明治時代に初めて輸入されました。当時は高価で貴重なものでしたが、第二次世界大戦後には、アメリカの占領軍が持ち込んだチョコレートが広まりました。1964年には、森永製菓が日本初のチョコレート菓子「チョコボール」を発売し、子どもたちの間で大ヒットしました[^2^][2]。その後も、チョコレートはさまざまな形や味で開発され、ドライブのおやつとしても人気があります。

グミは、1920年代にドイツで発明されたと言われています。当時は動物の形をしたものが多く、子ども向けのお菓子でした。1970年代には、日本でもグミが発売されましたが、当初はあまり売れませんでした。1980年代になると、カルシウムやビタミンなどの栄養素を加えたグミや、さまざまなフレーバーのグミが登場し、大人の間でも人気になりました[^3^][3]。ドライブ中にも、グミは手軽に食べられるお菓子として重宝されています。

ドライブにおすすめのスナック

ドライブ中に食べるお菓子は、美味しいだけでなく、体にも優しいものがいいですよね。ここでは、ドライブにおすすめのスナックをいくつかご紹介します。

  • ナッツ類

ナッツ類は、たんぱく質や不飽和脂肪酸、ビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富なお菓子です。ドライブ中には、エネルギーが必要なので、ナッツ類は最適です。また、ナッツ類は噛むことで唾液が分泌され、口の中を清潔に保ちます。さらに、噛むことで脳に刺激を与え、眠気を防ぐ効果もあります[^4^][4]。ナッツ類は、アーモンドやカシューナッツ、ピスタチオなど、好みの種類を選んで食べることができます。

  • ドライフルーツ

ドライフルーツは、水分を除いた果物のことで、甘みや酸味が濃縮されています。ドライフルーツには、食物繊維やビタミン、ポリフェノールなどの抗酸化物質が含まれており、便秘や老化の予防にも効果的です[^5^][5]。ドライフルーツは、レーズンやプルーン、クランベリーなど、さまざまな種類があります。ドライフルーツは、ナッツ類と一緒に食べると、さらに美味しく栄養バランスも良くなります。

  • チョコレート

チョコレートは、カカオ豆から作られたお菓子で、甘くて美味しいだけでなく、健康にも良いと言われています。チョコレートには、テオブロミンやカフェインなどの興奮作用のある成分や、フェニルエチルアミンやセロトニンなどの幸せホルモンの分泌を促す成分が含まれており、気分を高めたり、ストレスを軽減したりする効果があります[^6^][6]。ドライブ中には、チョコレートを少量食べることで、集中力やリラックス効果を得ることができます。ただし、チョコレートは高カロリーなので、食べ過ぎには注意しましょう。

ドライブには避けた方がいいスナック

ドライブ中に食べると体に悪いスナックもあります。ここでは、ドライブには避けた方がいいスナックをいくつかご紹介します。

  • カリカリ系のお菓子

カリカリ系のお菓子とは、ポテトチップスやせんべい、コーンスナックなどのことです。これらのお菓子は、塩分や油分が多く、高カロリーなので、食べ過ぎると血圧やコレステロールが上がり、動脈硬化や心臓病のリスクが高まります。また、カリカリ系のお菓子は、水分を奪うので、のどが渇きやすくなります。さらに、カリカリ系のお菓子は、音がうるさく、運転に集中できなくなったり、同乗者との会話が途切れたりする可能性があります。ドライブ中には、カリカリ系のお菓子は控えめにしましょう。

  • グミやキャンディー

グミやキャンディーは、糖分が多く、虫歯の原因になります。特に、グミは歯にくっつきやすく、歯垢や歯石の生成を促進します。ドライブ中には、歯磨きやうがいができないので、グミやキャンディーは避けた方がいいでしょう。また、グミやキャンディーは、喉に詰まりやすいので、運転中に食べるのは危険です。ドライブ中には、グミやキャンディーは食べないようにしましょう。

  • コーヒーやエナジードリンク

コーヒーやエナジードリンクは、カフェインが多く含まれており、眠気を覚ます効果があります。しかし、コーヒーやエナジードリンクは、カフェインの効果が切れると、逆に眠気が強くなることがあります。これは、カフェインがアデノシンという神経伝達物質の働きを阻害することで、眠気を抑えるのですが、カフェインが体から排出されると、アデノシンの量が急激に増えるため、眠気が襲ってくるのです。ドライブ中には、コーヒーやエナジードリンクは飲み過ぎないようにしましょう。また、コーヒーやエナジードリンクは、利尿作用があるので、トイレに行きたくなりやすくなります。ドライブ中には、コーヒーやエナジードリンクは控えめにしましょう。

ドライブスナックの最新情報・トレンド

ドライブスナックは、時代とともに変化しています。ここでは、ドライブスナックの最新情報やトレンドについてご紹介します。

  • ヘルシー志向の高まり

近年、健康意識が高まっていることもあり、ドライブスナックもヘルシー志向が強くなっています。ナッツ類やドライフルーツはもちろん、低カロリーや無添加、オーガニックなどのキーワードが目立つお菓子が増えています。また、野菜や果物を使ったスムージーやジュースなどの飲み物も人気があります。ドライブ中にも、体に優しいスナックを選ぶことで、健康的に楽しむことができます。

  • 地域限定のお菓子

ドライブといえば、旅行の一環として、地域の名産品や特産品を楽しむのも魅力の一つです。そのため、ドライブスナックも、地域限定のお菓子を選ぶ人が多くなっています。例えば、北海道では、白い恋人やじゃがポックル、カルビなどのお菓子が有名です。関東では、東京ばな奈や雷おこし、八ッ橋などのお菓子が人気です。関西では、たこ焼きやお好み焼き、551の豚まんなどのお菓子が定番です。九州では、博多通りもんや明太子せんべい、かりんとう饅頭などのお菓子がおすすめです。ドライブ中には、地域の特色を反映したスナックを食べることで、旅の楽しさを倍増させることができます。

  • オリジナルのお菓子

ドライブスナックは、市販のお菓子だけでなく、自分で作ったオリジナルのお菓子を持って行くのもいいですね。オリジナルのお菓子なら、好きな材料や味付けを選ぶことができますし、保存料や添加物などの心配もありません。また、オリジナルのお菓子は、同乗者にも喜ばれることでしょう。オリジナルのお菓子は、クッキーやマフィン、サンドイッチやオニギリなど、簡単に作れるものがおすすめです。ドライブ中には、オリジナルのお菓子を食べることで、愛情や工夫を感じることができます。

ドライブスナックのまとめ

ドライブスナックは、ドライブの楽しさを高める要素の一つです。しかし、ドライブスナックは、選び方によっては、体調や運転に影響を与えることもあります。ドライブ中には、美味しいだけでなく、体にも優しいスナックを選ぶことが大切です。また、ドライブスナックは、時代や地域によっても変化しています。ドライブ中には、最新の情報やトレンドをチェックすることで、新しい発見や楽しみを得ることができます。さらに、ドライブスナックは、自分で作ることもできます。ドライブ中には、オリジナルのお菓子を食べることで、自分らしさや個性を表現することができます。

ドライブには、どんなスナックを持って行きますか?というテーマでお送りしました。ドライブスナックは、コスパ旅行のおともになるお菓子の選び方です。ドライブ中には、美味しいだけでなく、体にも優しいスナックを選ぶことが大切です。また、ドライブスナックは、時代や地域によっても変化しています。ドライブ中には、最新の情報やトレンドをチェックすることで、新しい発見や楽しみを得ることができます。さらに、ドライブスナックは、自分で作ることもできます。ドライブ中には、オリジナルのお菓子を食べることで、自分らしさや個性を表現することができます。

コメント