PR

海外で水を飲むときの注意点とおすすめの飲み方💧

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

旅行に役立つ豆知識

海外旅行に行くとき、水を飲むことに不安を感じる人は多いのではないでしょうか?水道水の安全性や水質の違いによって、水による体調不良を起こす可能性があります。そこで、この記事では、海外で水を飲むときの注意点と対策、そして美味しく楽しく水分補給する方法を紹介します。海外で水を飲むことに関する知識とコツを身につけて、快適な旅行を楽しみましょう!

海外で水道水は飲めるの?安全に飲める国と飲めない国の見分け方

f8bee56a-3188-4db6-adc8-5c8f80242f15-1-800x420 海外で水を飲むときの注意点とおすすめの飲み方💧

海外で水道水を飲むことができるかどうかは、国や地域によって異なります。一般的に、先進国や都市部では水道水が飲料水として安全に利用できることが多いですが、途上国や農村部では水道水が不衛生で飲めないことが多いです。また、水道水の硬度や塩素濃度などの水質も、日本とは異なる場合があります。水質の違いによって、水道水の味や匂いが気になったり、胃や腸の調子が悪くなったりすることもあります。

では、どうやって海外で水道水が飲めるかどうかを判断するのでしょうか?以下に、参考になる方法をいくつか紹介します。

  • 旅行ガイドやインターネットで事前に調べる:旅行先の国や地域の水道水の安全性について、旅行ガイドやインターネットで事前に調べることができます。例えば、海外安全ホームページや世界の水道水情報などのサイトでは、各国の水道水の飲用可否や注意点などを確認することができます。
  • 現地の人やホテルのスタッフに聞く:現地に到着したら、現地の人やホテルのスタッフに水道水が飲めるかどうかを聞くこともできます。ただし、現地の人が水を飲んでいても、日本人にとって飲めるとは限りません。また、言葉の壁や文化の違いなどによって、正確な情報を得られないこともあります。そのため、現地の人やホテルのスタッフに聞く場合は、できるだけ明確に質問することが大切です。
  • 水道水の色や透明度、匂いを確認する:水道水が飲めるかどうかを判断する最も簡単な方法は、水道水の色や透明度、匂いを確認することです。水道水が濁っていたり、色がついていたり、不快な匂いがしたりする場合は、飲めない可能性が高いです。また、水道水に泡や油膜が浮いていたり、砂や泥が混じっていたりする場合も、飲めない可能性が高いです。

海外で水道水を飲むときの注意点と対策

c77ac40f-3625-4f71-8abc-2b4f9ec66547-1-800x420 海外で水を飲むときの注意点とおすすめの飲み方💧

海外で水道水が飲めると判断した場合でも、以下のような注意点と対策を踏まえて、水を飲むことをおすすめします。

  • うがいにはミネラルウォーターを使用する:海外で水道水を飲むときは、うがいにも水道水を使用することがありますが、これは避けるべきです。うがいに水道水を使用すると、口や喉に水道水が残ってしまい、水による体調不良を引き起こす可能性があります。そのため、うがいにはミネラルウォーターを使用することがおすすめです。
  • シャワー時に水が口に入らないようにする:海外でシャワーを浴びるときは、水が口に入らないように注意する必要があります。シャワーの水は水道水と同じであることが多く、口に入ると水による体調不良を引き起こす可能性があります。そのため、シャワー時には口を閉じて、水が口に入らないようにすることがおすすめです。
  • 現地の人が水を飲んでいても水を飲まない:海外で現地の人が水を飲んでいるのを見ると、水が安全だと思いがちですが、これは誤りです。現地の人は水道水に慣れているか、水に含まれる細菌や寄生虫に対する免疫があるかもしれませんが、日本人にとってはそうではありません。そのため、現地の人が水を飲んでいても、水を飲まないことがおすすめです。

海外で水道水が飲めないと判断した場合は、以下のような方法で水にあたるリスクを抑えることができます。

  • ミネラルウォーターを購入する:海外で水を飲むときの最も安全な方法は、ミネラルウォーターを購入することです。ミネラルウォーターは、水道水とは異なり、細菌や寄生虫などの有害物質が除去されているため、安心して飲むことができます。ただし、ミネラルウォーターを購入するときは、以下の点に注意する必要があります。
  • ボトルの封がしっかりしていることを確認する:ミネラルウォーターのボトルの封が破れていたり、開けられていたりする場合は、水道水や汚染された水が入れ替えられている可能性があります。そのため、ボトルの封がしっかりしていることを確認することが大切です。
  • 有名なブランドのミネラルウォーターを選ぶ:ミネラルウォーターには、有名なブランドのものと、地元のメーカーのものがあります。有名なブランドのミネラルウォーターは、品質や衛生面において信頼できることが多いですが、地元のメーカーのミネラルウォーターは、そうとは限りません。そのため、ミネラルウォーターを選ぶときは、できるだけ有名なブランドのものを選ぶことがおすすめです。
  • ミネラルウォーターの賞味期限や保存状態を確認する:ミネラルウォーターにも賞味期限があります。賞味期限が切れたミネラルウォーターは、水質が劣化したり、細菌が繁殖したりする可能性があります。そのため、ミネラルウォーターを購入するときは、賞味期限を確認することが大切です。また、ミネラルウォーターは、直射日光や高温などの環境にさらされると、水質が変化したり、プラスチックの成分が溶け出したりする可能性があります。そのため、ミネラルウォーターを保存するときは、涼しく暗い場所に置くことがおすすめです。
  • 浄水器を使用する:海外で水を飲むときのもう一つの方法は、浄水器を使用することです。浄水器は、水道水に含まれる細菌や寄生虫などの有害物質を除去する装置です。浄水器には、カートリッジ式や逆浸透膜式などの種類がありますが、どれも水を飲む前に浄水することができます。ただし、浄水器を使用するときは、以下の点に注意する必要があります。
  • 浄水器の性能や寿命を確認する:浄水器の性能や寿命は、メーカーやモデルによって異なります。浄水器の性能や寿命が低いと、水を十分に浄水できない可能性があります。そのため、浄水器を使用するときは、性能や寿命を確認することが大切です。
  • 浄水器のメンテナンスを行う:浄水器は、定期的にメンテナンスを行うことが必要です。浄水器には、カートリッジやフィルターなどの部品がありますが、これらの部品は、使用回数や時間に応じて交換や洗浄をする必要があります。部品の交換や洗浄を怠ると、浄水器の効果が低下したり、逆に水を汚染したりする可能性があります。そのため、浄水器を使用するときは、メンテナンスを行うことがおすすめです。
  • 浄水器の水はすぐに飲む:浄水器で浄水した水は、すぐに飲むことがおすすめです。浄水器で浄水した水は、空気や容器に触れることで、再び細菌や寄生虫などの有害物質が混入する可能性があります。そのため、浄水器で浄水した水は、長時間放置せず、すぐに飲むことが大切です。
  • 煮沸する:海外で水を飲むときのもう一つの方法は、煮沸することです。煮沸とは、水を沸騰させることで、水に含まれる細菌や寄生虫などの有害物質を死滅させることです。煮沸は、水を飲む前に行うことができますが、以下の点に注意する必要があります。
  • 水を十分に沸騰させる:水を煮沸するときは、水を十分に沸騰させることが必要です。水を沸騰させると、水の温度が100℃に達しますが、これだけでは水に含まれる有害物質を完全に死滅させることができません。そのため、水を沸騰させた後は、さらに数分間続けて沸騰させることがおすすめです。
  • 水を冷やしてから飲む:水を煮沸した後は、水を冷やしてから飲むことがおすすめです。水を煮沸すると、水の味や匂いが変わったり、水に含まれるミネラルが減ったりすることがあります。そのため、水を煮沸した後は、水を冷やして味や匂いを改善したり、水にミネラルを加えたりすることができます。

海外で美味しく楽しく水分補給する方法

海外で水を飲むときは、安全性や衛生面に注意することが重要ですが、それだけではなく、美味しく楽しく水分補給することも大切です。水分補給は、旅行中に発生する疲労や脱水の予防に効果的です。また、水分補給は、旅行先の文化や風景を感じることもできます。以下に、海外で美味しく楽しく水分補給する方法をいくつか紹介します。

  • 日本から持ち込んだ飲料を使う:海外で水を飲むときの一つの方法は、日本から持ち込んだ飲料を使うことです。日本から持ち込んだ飲料は、水道水やミネラルウォーターとは異なり、自分の好みや慣れた味のものを選ぶことができます。また、日本から持ち込んだ飲料は、旅行中に日本を思い出したり、ホームシックを和らげたりすることもできます。ただし、日本から持ち込んだ飲料を使うときは、以下の点に注意する必要があります。
  • 飲料の重量や容量に注意する:日本から持ち込んだ飲料は、重量や容量に制限があります。飲料は、液体やジェル状のものに分類されますが、これらのものは、機内持ち込みの場合は、100ミリリットル以下の容器に入れて、1人あたり1リットル以内の透明な袋にまとめる必要があります。また、預け荷物の場合は、重量やサイズに制限があります。そのため、日本から持ち込んだ飲料を使うときは、重量や容量に注意することが大切です。
  • 飲料の種類や味に注意する:日本から持ち込んだ飲料は、種類や味によっては、旅行先の気候や体調に合わない可能性があります。例えば、炭酸飲料やカフェイン入りの飲料は、脱水や胃もたれを引き起こす可能性があります。また、甘い飲料や乳製品は、虫歯や下痢の原因になる可能性があります。そのため、日本から持ち込んだ飲料を使うときは、種類や味に注意することがおすすめです。
  • 現地の水を活用してお茶やコーヒーを淹れる:海外で水を飲むときの一つの方法は、現地の水を活用してお茶やコーヒーを淹れることです。お茶やコーヒーは、水を熱することで、水に含まれる細菌や寄生虫などの有害物質を死滅させることができます。また、お茶やコーヒーは、水の味や匂いを消したり、水に含まれるミネラルを補ったりすることができます。さらに、お茶やコーヒーは、旅行先の文化や風景を感じることができます。例えば、インドではチャイ、トルコではトルココーヒー、イタリアではエスプレッソなど、各国に独自のお茶やコーヒーの文化があります。そのため、現地の水を活用してお茶やコーヒーを淹れるときは、以下の点に注意する必要があります。
  • 水の沸騰時間や温度に注意する:お茶やコーヒーを淹れるときは、水の沸騰時間や温度に注意することが必要です。水の沸騰時間や温度は、お茶やコーヒーの味や香りに影響します。一般的に、お茶は水の沸騰直後に淹れると、苦味や渋みが強くなりますが、水の温度が下がると、甘味や旨味が引き出されます。コーヒーは水の沸騰直後に淹れると、酸味や苦味が強くなりますが、水の温度が下がると、香りやコクが失われます。そのため、お茶やコーヒーを淹れるときは、水の沸騰時間や温度に注意することがおすすめです。
  • お茶やコーヒーの種類や量に注意する:お茶やコーヒーを淹れるときは、お茶やコーヒーの種類や量に注意することが必要です。お茶やコーヒーの種類や量は、お茶やコーヒーの味や香りに影響します。一般的に、お茶は緑茶や紅茶などの種類によって、水の温度や淹れ方が異なります。コーヒーは豆の種類や焙煎度によって、水の温度や淹れ方が異なります。また、お茶やコーヒーの量は、濃さや苦さに影響します。そのため、お茶やコーヒーを淹れるときは、お茶やコーヒーの種類や量に注意することがおすすめです。
  • 現地の水を活用してスポーツドリンクやジュースを作る:海外で水を飲むときの一つの方法は、現地の水を活用してスポーツドリンクやジュースを作ることです。スポーツドリンクやジュースは、水に砂糖や塩、果物や野菜などを加えることで、水による体調不良を防いだり、水分補給を効果的に行ったりすることができます。また、スポーツドリンクやジュースは、水の味や匂いを消したり、水に含まれるミネラルを補ったりすることができます。さらに、スポーツドリンクやジュースは、旅行先の食材や風味を楽しむことができます。例えば、メキシコではライムや塩を加えた水、タイではココナッツやレモングラスを加えた水、ブラジルではアサイーやグアラナを加えた水など、各国に独自のスポーツドリンクやジュースがあります。そのため、現地の水を活用してスポーツドリンクやジュースを作るときは、以下の点に注意する必要があります。
  • 水の煮沸や浄水を行う:スポーツドリンクやジュースを作るときは、水の煮沸や浄水を行うことが必要です。水に砂糖や塩、果物や野菜などを加えると、水に含まれる細菌や寄生虫などの有害物質が増える可能性があります。そのため、スポーツドリンクやジュースを作るときは、水の煮沸や浄水を行うことがおすすめです。
  • 砂糖や塩の量に注意する:スポーツドリンクやジュースを作るときは、砂糖や塩の量に注意することが必要です。砂糖や塩の量は、スポーツドリンクやジュースの味や効果に影響します。一般的に、砂糖や塩は、水分補給やエネルギー補給に効果的ですが、過剰に摂取すると、脱水や高血圧の原因になる可能性があります。そのため、スポーツドリンクやジュースを作るときは、水の煮沸や浄水を行うことがおすすめです。
  • 砂糖や塩の量に注意する:スポーツドリンクやジュースを作るときは、砂糖や塩の量に注意することが必要です。砂糖や塩の量は、スポーツドリンクやジュースの味や効果に影響します。一般的に、砂糖や塩は、水分補給やエネルギー補給に効果的ですが、過剰に摂取すると、脱水や高血圧の原因になる可能性があります。そのため、スポーツドリンクやジュースを作るときは、砂糖や塩の量を適切に調整することがおすすめです。
  • 果物や野菜の洗浄や皮むきに注意する:スポーツドリンクやジュースを作るときは、果物や野菜の洗浄や皮むきに注意することが必要です。果物や野菜は、水や土に触れることで、細菌や寄生虫などの有害物質が付着する可能性があります。そのため、スポーツドリンクやジュースを作るときは、果物や野菜をよく洗浄し、皮をむくことがおすすめです。

まとめ

海外で水を飲むときは、水道水の安全性や水質の違いに注意する必要があります。水による体調不良を防ぐためには、ミネラルウォーターの購入や浄水器の使用などの対策が有効です。また、現地の水を活用してお茶やコーヒー、スポーツドリンクやジュースを作ることで、美味しく楽しく水分補給することができます。海外で水を飲むことに関する知識とコツを身につけて、快適な旅行を楽しみましょう!

この記事は、海外で水を飲むときの注意点とおすすめの飲み方について紹介しました。いかがでしたでしょうか?海外で水を飲むときに役立つ情報やヒントがあれば、ぜひコメントで教えてください。また、この記事が気に入ったら、ぜひシェアやいいねをしてください。それでは、次回の記事でお会いしましょう!